中高年転職サイトランキング

中高年向きの転職サイトランキング

リクルートエージェント [転職のプロがサポートする人気サイト]
中高年顧客満足度1位に選ばれた実績ある転職サイトがこのリクルートエージェント。

あなたのキャリアや要望に応じて、最適な求人をご案内します。


利用者のクチコミ

3回目の転職だったんですが、30代や20代とは違う部分もあるんだってことを丁寧に教えていただけました。自分一人なら、昔と同じ感覚で転職活動していたでしょうから、ここまで良い条件の案件は見つけられなかったのかなぁと思っています。

若いキャリアアドバイザーの方が担当についたんで、大丈夫かなぁと思っていたんですが…。きちんとプロ意識を持った頼りになる青年でした。言うべきことは遠慮なく言ってくれたので、そこがよかったなぁと。

キャリアを丁寧に分析していただき、いろんな可能性を提案していただきました。自分一人では思い浮かばなかったような選択肢も提示していただけて、視野が広がったなぁと感じています。

はじめての転職。これくらい当たり前だろって感じのアドバイスがなく、一から丁寧に教えていただけた。プロならではの細かい心配りが心に沁みました。

わがままは通らない。当たり前なんですが、もう少し融通を効かせてくれてもよかったのかなぁ、なんて思ってしまいました。中高年の転職事情は厳しいってのは知っていましたが、本当に厳しいですね。それでもどうにか転職できたので、感謝しています。

若造が偉そうに…と思ってしまうタイプには、あまり向いていないかもしれません。自分の現状をきちんと正視して、アドバイスを謙虚に取り入れることができなければ、エージェント制の魅力は半減してしまう気がします。


リクナビNEXT
バナー
 中高年は早期退職などで中途採用志望者が急増する年代。情報収集をおろそかにしていると、良い条件の求人案件を見つけることは困難です。
 誰もが知っているような当たり前の情報を仕入れて準備・対策を講じることが大切。そのためのサービスとして活躍してくれるのが、リクナビNEXTです。求人案件をいつでも気軽に探すことができるので、忙しい管理職の方でも転職活動をスムーズに進めることができます。
利用者のクチコミ

普段の仕事が忙しいので、夜中にしか求人情報を探すことができませんでした。リクナビNEXTは、インターネットを使って求人検索ができるので、働きながらでも転職先を見つけることができて良いですね。

色んなサイトから転職情報・ニュースなどを集めるのは、結構な手間となります。リクナビNEXTなら、必要な情報を日々更新してくれるので、情報戦に負けないで済みます。書いてあることも非常にためになりました。

インターネット上で求人を探すなんて大丈夫かなぁ、と不安に思っていたんですが…マウスでクリックしていくだけで簡単に検索することができたので、すぐに慣れました。PCに詳しくない中高年でも簡単に使えそうです。

知っている情報ばかり乗っていて、あまり転職の役には立ちませんでした。ただ、掲載してある求人数がとても多いので、自分が本当に就きたい職種・職場を探すのには役立ちました。選択肢が多いのは良いことです。

 

中高年の就職事情は厳しい?

 

一般に中高年者とは45歳から65歳位までの方をいいます。俗に“転職適齢期”と言われる45歳から始まる需要過多の就職(転職)市場へ時として迷いながら、惑いながら、躓きながら突き進むことになります。中には有名大学を卒業し、斜陽期にあった企業を再建させたり、大プロジェクトを率いて見事業績アップに導いたり・・・といった手腕を発揮し、それこそ求められるままに超有名企業を転々としている人は、寧ろ転職歴は勲章で相変わらずお誘いの声は絶えないのでしょうが、40年間生きてきて、そういった人は一人しか知りませんから非常に稀な存在であることは確かです。従ってその他大勢の中高年者は、もともと少ない求人目がけ、高倍率の中勝ち進まなければならないと思った方が、やはり無難だろうと思います。

 

中高年の転職を有利になるスキルとは?

 

中高年の転職活動に有利に働くものの一つに、総務や経理、法務等のスキルがあります。およそどこの企業にも存在し、手続きや処理方法に大きな違いがないこれらの経験は、多種多様な場面に遭遇し、数多くの実績を重ねてきた人ほど転職には有利に働くようです。営業一筋の方でも取扱商品が同様の企業に転職するのであれば強味にはなるでしょう。しかし、社会人一年生が全員総務や経理職を目指したら、企業は利益を上げられません。その点幸いなことに地道な事務作業や労務管理は苦手で成果が明確に表れる営業職に自分を掛けてみたいという方もいて、企業は成り立っています。そこで、職種に左右されないスキルは何かと考えますと、最有力は英語力でしょう。それと使用人口が最も多い中国語も注目です。在職中のプロジェクト実績や表彰、職位等もスキルを裏付ける確かな軌跡といえるでしょう。

 

コンサル系の転職支援サイトを利用するメリット

 

長年スキルを磨きあげてきた中高年者は一定の誇りを持っているものです。ある意味、謙虚さと礼節を重んじる就職試験は一見酷なことかもしません。加えて前職一筋にやってこられた転職経験がない中高年者であれば、卵の割り方ひとつ分からないワンマン亭主殿のように、何をどうしたらいいか分からないことだらけです。こんな時、第三者のアドバイスがあれば・・・です。それも人材紹介経験豊富なコンサル系支援サイトを利用するのが一番です。人材を紹介して初めて利益を上げる仕組みですから、人材の良さを引き出しより効果的にアピールしてくれますし、転職者に相応しい戦術を教えてもくれます。書類の書き方や面接時の入室の仕方、受け答えパターンや目線の置き方、中には求人企業採用担当者の好み等も伝授してくれたりします。同じ会社にこれまで何人か紹介してきた実績があることも多く、「あの人の紹介なら大丈夫」と思われることも珍しくありません。一番大切なのは自らの前向きな姿勢であることは言うまでもありませんが、熾烈を極める中高年の転職において是非とも利用したい機関ではないでしょうか。

 

 

 

 

お役立ち情報
女性の転職を有利にする
女性の転職を有利にするための情報ガイド!

転職に向けての心構えとは

 

転職を行う理由は人それぞれ異なりますが、その際に持つべき心構えというものはあります。それは転職者を求める企業が、どのような人材を求めているのかを考えればわかります。企業が必要とするのは、様々な経験を積んでスキルを積み上げてきた人材です。つまり、企業側へアピールすべきスキル磨きを行っている事が必要という事になります。

 

続きを読む≫ 2014/12/09 11:09:09

転職するときに気をつけなければならないのは、何も仕事に対してのノウハウだけではありません。
転職といえども新しい会社からすれば新人になるわけですので、仕事場に対して適正な人間であるかどうかが問われるのです。つまり、いくら仕事ができていたからと言ってもファーストインプレッションを損なってしまうと、それだけで採用可否に大きく影響するのです。

続きを読む≫ 2014/02/03 17:02:03 コラム

転職希望者に多いのが、過去にブラック企業で働いていてメンタルを壊したり、会社が嫌になって辞めた人です。そのため、転職を探すときはなるべくブラック企業に当たらないようにしたいはずです。しかし、現実を言えば日本においてはまだまだブラック企業が多いようです。そのため、個々でブラック企業を判断することが大切です。

続きを読む≫ 2014/02/03 17:01:03 コラム

大学新卒後、7年間経理部で働き続けてきました。
ひと通り基礎は出来たと思いますし、また、いろいろな資格も取得しました。
しかし、事情があって引っ越しをすることになり、転職しなければならなくなりました。
転職活動は早くから始めていたのですが、なかなか経理の仕事が見つかりません。

私は、今から5年前に転職しました。
現在の会社の社長から、「一緒に仕事しよう!」と誘って貰い、自分でもかなり迷いましたが、
一度はチャンレンジしてみたいとも思っていたので、それまでの安定を投げ出して、転職しました。

 


 50歳からの転職というのは転職先としてどのような職業が多く選ばれているのでしょうか? 50歳と言えば体力的にはやはり自信がなくなってくる時期になりますので、本格的な肉体労働は選ばれにくい傾向にあります。

 

 たとえば特殊な技能や希少性の高い資格を持っていれば、その資格や技能を有効に利用できる高収入の職業などへも転職することは可能でしょう。製造業などでも、70代で高い技能を持っているが故に、一般の正社員よりも高い給与で雇われている人もいますが、こうした例は非常に稀です。


 世界初のフランチャイズはケンタッキー・フライドチキンだとご存知でしょうか? そのフランチャイズ発祥の地、アメリカではフランチャイズの問題などが取りざたされています。

 

 先日、不法移民を雇って給与のほとんどをピンハネしていたアメリカのセブンイレブンの店長ら9名が訴追されたことが分かりました。アメリカの不法移民の問題はレーガン政権時に遡ります。レーガン大統領は不法移民を黙認する姿勢を示し、近い将来ヒスパニック系移民がアメリカ国民の多数を占めることが分かっています。今のアメリカは白人が1人の子供を産む間に、ヒスパニック系は6人産んでいる状況です。


 就職する意志がなく、努力や訓練を受けない人たちのことをニートと呼びますが、そのニートの増加がいよいよ社会問題として深刻なレベルに達していることが分かりました。

 

 ニートと聴くとどうしてもやる気のない人たち、という印象を受けますが、高学歴であっても、資格があってもニートになる若者もおり、現状は大変に深刻であると考えられます。


 内閣府の2011年調査によると、高校中退者のうち就労についているものが、50%ほどだそうです。この状況は、高卒者中卒者よりも厳しい状況である。そして、就労についているとされる中退者の中でも、約7割が正職員ではなく、不安定な経済状態の仕事であるフリーター(アルバイト)やパートだそうです。もちろん個々の中退した理由や、家庭状況なども千差万別で一括りにすることはできませんし、高校中退者の中でも1割は、大検を受けて大学に進学している人もいる。


 大学中退後の就職は厳しいのでしょうか? 答えはイエスです。しかし、厳しいと不可能の間には大きな隔たりがあります。厳しくても出来ない事はない、というのが正確な言い方です。

 

 大学中退をすると最終学歴は高卒になります。高卒の人がどのように就職を決めているのかといえば、学校側からの斡旋によって就職先を決める事が非常に多いです。普通の高卒ではなく大学中退をしての高卒になりますので、高校が就職先を斡旋してくれるわけではありません。自分で就職先を捜し、面接を受ける就活をしなければならないので通常の高卒以上に厳しい就活にならざるを得ません。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報