50歳からの転職で気をつけておきたいこと


 50歳からの転職というのは転職先としてどのような職業が多く選ばれているのでしょうか? 50歳と言えば体力的にはやはり自信がなくなってくる時期になりますので、本格的な肉体労働は選ばれにくい傾向にあります。

 

 たとえば特殊な技能や希少性の高い資格を持っていれば、その資格や技能を有効に利用できる高収入の職業などへも転職することは可能でしょう。製造業などでも、70代で高い技能を持っているが故に、一般の正社員よりも高い給与で雇われている人もいますが、こうした例は非常に稀です。

 50歳からの転職先として選ばれ易いのはビルの清掃やマンション清掃などの清掃業であったり、警備員という職業になります。これは肉体的な負担も少なく、50歳からでも安心して働ける職場なので選ばれやすい傾向にあります。

 

 特に清掃業などは労働時間も長くなく、通常であれば3〜5時間程度の労働時間で求人が出されていることが多いです。収入自体は多くはありませんが、長く続けられるお仕事だと言えます。

 

 警備員は夜勤か日勤かで大きく身体的な負担の大きさが変わります。夜勤であればお給料は良いけれど負担が大きくなります。日勤であれば、負担は少ないですがお給料も高いとは言えません。

 

 50歳からの転職先として選ばれやすい職業を見てみると、身体的には負担をかけない職業が選ばれやすいことがわかります。体が資本ですので、50歳からでも元気に働けるように日頃から生活習慣には気をつけておきましょう。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報