20代の転職は思いついたらすぐしよう


 厚生労働省が雇用政策研究会という会議を開き、その中では雇用に関する問題や改善点をどのように法令を通じて解消していくのか、という論題で議論が進められました。

 現在の雇用情勢は大変に厳しく、人材不足が非常によく叫ばれています。20代の転職であっても厳しい情勢が続いている中で、2002年の就業構造基本調査の分析によると、2~5年の期間雇用された非正規社員が正社員に最もなりやすいことも分かっています。現在、非正規雇用で働いている人は2~5年間、同じ企業で勤められるように努力をしてみましょう。それが最も正社員になる良い道です。

 

 非正規社員から正社員になりやすい方法は分かりましたが、20代の転職はどのようにすればしやすいのでしょうか。20代の場合には労働市場は他の年代に比べてみると比較的開かれていると言えますが、大変に厳しい状態です。なので、転職したいと思ったそのときから転職活動をはじめてみるのもひとつの手段です。というのも、年齢が高くなればなるほど、転職の機会が少なくなってしまうからです。
 それを防ぐためにも今、開かれている労働市場に積極的にアプローチをしていく必要があります。現在の労働市場はそれほど優しい状況ではありませんので、二十代であっても苦労をするはずです。しかし、30代になればそれとは比べ物にならないほどの苦労をしなければ転職が成功しないというのが今の労働市場ですので、自分の市場価値が高いうちにアプローチを開始して下さい。

 


20代転職[焦らずに転職活動をしないために一度参考にして下さい]


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報