ニートが就職するには


 ニートを脱出して就職するためには、一日も早く就活を行う必要があります。一人でインターネットの求人サイトや情報誌で求人検索を行うよりも、まずはハローワークやジョブカフェ地域に密着したサポートステーションに出かけて就職相談してみるとよいでしょう。

 

 また、ニート歴が長い人の場合には、人と接することがないためコミュニケーション能力が低下していることもあるため、リハビリだと思って相談してみることも必要です。

 日本の社会では、学校卒業後に新卒として就職することが大前提として成立しているところがあり、一旦そのルートから外れると、正社員として勤務することが難しくなる傾向にあります。よってニートの場合は、年齢や経験によっては、社会が受け入れてくれないように感じることもありますが、それでも就職活動を続けることで新たな道が見えてくるため、就職するまでがんばりましょう。

 

 ニートの場合には、正社員として勤務するよりもバイトや派遣社員から探す方が、就職障害壁が低いため見つかりやすいでしょう。バイトにはさまざまな職種があるため、人と接することが苦手な人でも仕事を見つけやすいため、自分の性格やリズムにあった継続できそうなバイトを見つけることが可能です。

 

 派遣には、紹介予定派遣もありますので、まずは人材紹介会社に登録して、自分の希望を伝えておくと、希望にあった求人を紹介してくれた後、働くことが始まります。

 

 いずれにしても、ニートが就職する場合には一人で悩まず、公的でも民間でも就職を斡旋してくれる会社を訪問することから始めると良いでしょう。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報