大学中退後の就職は厳しい?


 大学中退後の就職は厳しいのでしょうか? 答えはイエスです。しかし、厳しいと不可能の間には大きな隔たりがあります。厳しくても出来ない事はない、というのが正確な言い方です。

 

 大学中退をすると最終学歴は高卒になります。高卒の人がどのように就職を決めているのかといえば、学校側からの斡旋によって就職先を決める事が非常に多いです。普通の高卒ではなく大学中退をしての高卒になりますので、高校が就職先を斡旋してくれるわけではありません。自分で就職先を捜し、面接を受ける就活をしなければならないので通常の高卒以上に厳しい就活にならざるを得ません。

 さらに大学中退の理由も重要です。傷病などであればそれほど大きなマイナスになるとは考えられません。しかし、大学をサボッて留年が決まって、なんとなく面倒になって退学を……という場合には面接の時にどう説明するのかも考えなくてはなりませんので、ハードルがまた一つ上がってしまいます。

 

 では、どのようにしてその厳しい就活を乗り越えればよいのでしょうか? 退学した理由が筋の通るものになれば良いでしょう。退学後はすぐに就活を始めても良いですが、せっかくですから自分の好きな事を精一杯、1〜2年程度やってみるのも一つの手段です。自分の好きな事をするために、大学を中退したとなればただサボって留年するのが面倒で退学をした、という理由より何倍も印象は良いでしょう。中退それ自体は印象が悪いかもしれませんが、中退したからこそできた時間を有効に使いましょう。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報