50代の転職をすんなり終えるには?


 50代の転職は定年後か前か、正社員かアルバイトやパートかによってその難易度が大きく異なります。ここでは定年前の正社員としての求人に応募する場合についてまとめます。

 

 50代からの正社員への転職は非常に厳しいといわざるを得ません。しかし、その厳しい労働市場でも上手に転職先を見つけている人がいることも事実です。その人たちはどのように転職先を見つけているのかと言うと、ヘッドハンティングをされたり、特殊な技能、希少性の高い実務経験を伴う資格を保有している場合が多いです。

 ヘッドハンティングから見ていきましょう。ヘッドハンティングを受けるには社内での評判はもちろんのこと、業界内でもある程度、名前を知られていなければなりません。交際関係を広げておく必要がありますね。具体的な例だと50代の電気メーカーに勤めていた人がサムスンから1.5倍の給与を約束されて転職した、という話もあります。

 

 次に希少性の高い実務経験を伴う資格についてですが、昔から芸は身を助けるというように一芸に秀でている場合であれば、転職先はいくらでもあります。特異な例で言えば、たとえば空手の三段の資格を持っていれば講習を受ける事によって道場を開くこともできます。

 

 このように50代からの転職はハードルが高いです。高いですが、それは乗り越えられないものではありません。ですので、在職中からスキルを磨き、名前を売る努力を怠らず、適宜、資格を取る努力もしておきましょう。

 


50代転職サイト人気ランキング[シニアの年代にピッタリノ求人サイト紹介]


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報