面接時の態度に気をつけよう

 転職時の問題の1つに、やはり面接は挙げられるのではないでしょうか。むしろ、この面接が一番の問題である、という方も多いでしょう。この面接を突破するためには、やはり事前に準備をしておくことが必須です。では、どのようにして面接に備えておくべきなのでしょうか。そのコツについて、紹介したいと思います。

 

 

一番気をつけたいのは、面接時に不機嫌にならないようにすることです。中には圧迫面接と呼ばれている面接もあるもので、そのような中でいかに態度を崩さずにいられるのか、ということが重要なのです。もちろんこの圧迫面接自体にも問題があるかもしれませんが、結局のところ判断するのは面接官なので、自分の態度が重要になるのです。

 

特に転職時の面接にもなると、嫌なことを聞かれることも多くなるでしょう。一番多いのが、なぜ前の職場をやめたのか、という質問です。この質問をしつこく聞かれることもあるため、しっかりと受け答えをして、不機嫌な態度を出さないようにすることが重要です。また、面接時に待たされることもありますが、その際にも不機嫌な態度を崩さないようにしましょう。

 

面接時に不機嫌な態度を示してしまうと、その面接全体の空気が悪くなってしまうこともあります。そうなると合格が遠のいてしまうので、自分が面接に臨む態度について、気をつけておきましょう。

 

【関連サイト】
http://xn--20-og4avcyes51tos7dwdya.net/

 

川崎重工業株式会社


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報