ブラック企業には注意をしよう

転職希望者に多いのが、過去にブラック企業で働いていてメンタルを壊したり、会社が嫌になって辞めた人です。そのため、転職を探すときはなるべくブラック企業に当たらないようにしたいはずです。しかし、現実を言えば日本においてはまだまだブラック企業が多いようです。そのため、個々でブラック企業を判断することが大切です。

まずブラック企業かどうかを、一番読み取りやすいのは求人情報だと思います。例えば求人情報に社員の若さをアピールしている会社はブラック企業の可能性が高まります。また、求人情報に掲載されている写真を見ると、若い社員が多い場合も同じです。そして、実際に面接で企業を訪れた際に、その職場が若い社員しか居なかったら怪しいと思うべきです。

 

理由は若い社員が多いと言う事は、社員がすぐに辞めるのでベテランが育っていないということです。そのような会社は若い社員に大きなノルマを課して、長時間働かせるのが多い傾向があります。そして他にも求人情報から読み取れるポイントがあります。

 

それは、毎週求人情報が載っている企業です。これも同じで社員が定着していなくて、すぐに辞める傾向がある会社です。特にハローワークなどで毎週同じ企業が求人を掲載していたら怪しいと思ってください。

 

最後に転職活動は多くの会社の採用試験を受けます。そのため、面接などを重ねていけば、大体ブラック企業がどのようなものか分かってくるはずです。特に、直接会社を訪れて雰囲気の悪さと感じる場合は、自分と合わない会社の可能性が高いです。これらのように、仕事を探す際は条件を設定し過ぎるのはよくありませんが、やはりブラック企業などは避けるべきです。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報