転職活動は年度末までわからない

転職を決意して、なかなか決まらず焦りが生まれたり、諦めの気持ちが生まれることがあります。

私も高卒で転職活動をしていた時に、なかなか希望の職種が決まらずに焦りやあきらめの気持ちを抱えていた時がありました。転職活動は、生活の負担のこともあり一旦仕事を離れることなく、通常勤務と並行して転職活動を行っていました。その為、「来年度もここで働くしかないかもしれない」と頭の片隅によぎっていました。当時は、会社の人に相談することもできない内容だったため、非常に体力的にしんどい時もありましたが、安定した生活を送れることには変えられないものでした。そのため、可能であれば次の仕事が決まるまで並行して就職活動をされることをおすすめします。

 

1月末〜2月にかけて、来年度の予算がたち始めたためか、予想以上に求人が出ました。年度末に転職は、決まった時に備えて引き継ぎ資料なども作成しておかなくてはなりません。年度末に決まると、バタバタと会社を去る可能性が高いためある程度すぐ動ける準備をしながら仕事をしなければなりません。

 

どの会社も忙しい時期でもありますので、休みがとりにくい場合もありますが、ある程度前もって先回りして仕事を処理しておくことで、急な面接にも対応することができます。休むことで周りに多少なりともご迷惑をおかけすることになりますので、前もって内容をお知らせしないなりに根回しをしておくことをお勧めします。結果は最後までわかりませんので、あきらめることなく最後まで粘り強く求人を探し続けることがポイントです。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報