転職するならマナーも見直そう!

転職するときに気をつけなければならないのは、何も仕事に対してのノウハウだけではありません。
転職といえども新しい会社からすれば新人になるわけですので、仕事場に対して適正な人間であるかどうかが問われるのです。つまり、いくら仕事ができていたからと言ってもファーストインプレッションを損なってしまうと、それだけで採用可否に大きく影響するのです。

そのためにも、転職を決めたのならマナーと身だしなみを再度チェックしなおしてみてください。
例えば服装についてでも、スーツをまともに着られない人はそのだらしなさから会社の来客の方々からの印象を損なうかもしれないと懸念を生みます。それに、敬語ができていない人は職場でもタブーとされますよね。

 

そうしたマナーと身だしなみは人間性をまるで鏡のように映し出します。面接の時にはしっかりとした身だしなみで向かわなければなりませんし、仕事を任せるためには仕事量や実績だけでは無くマナーも併せ持っている必要が有ります。そうした実力がもとより備わっていると感じていただくことが非常に重要なのです。

 

活字離れや敬語離れが嘆かれる現在ですが、そんな時だからこそ余計に敬語や周囲への気配りに敏感になり、誰よりも一歩進んで優位になれる人間であるということを大いにアピールすることが、転職の成功率を大きく上げてくれることと思います。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報