あなたが考えているのは、本当に転職なのか?

転職を考える主な理由としては、現在の職場の給料が低いという理由と、現在の職場に人間関係的な不満があるという理由の二つが一番多いのではないかと思います。
前者の場合は、可能であれば副業をこなしながら、そして後者の場合は孤高を決め込むなりしていずれも「三年」学んだ上で転職に臨んだほうが良いです。

 

 

 

なぜかと言いますと、この「三年」という数字は適当に言っているわけではなく、今現在の仕事の「基礎」そして「応用」をある程度こなせるようになるのが三年目だからです。
なので、三年目の方は、例えば営業ならけっこうな得意先でも一人で行ってこいと言われている頃かと思います。

 

 

ここまで来ると、転職にも現実感が出てきます。
入社一年程度では、はっきり言いまして転職出来る可能性はかなり低いです。
しかし中には、入社してまだ二年も経っていないにも関わらず転職を考えているという人もいるかと思います。

 

 

それは、本当に転職になるのですか?
転職とはすなわち、自分の力を利用してひとつ上の段階へ移行することです。
決して「逃げ」ではありません。
もし「逃げ」てしまうと、次の会社でも同じ思いをしてしまうでしょう。

 

関連
22歳の転職に実用的な求人サイト
22歳の転職におすすめの求人サイト情報

 

全く違う業界へ行きたい、というのであれば話は別ですが、単純に「今の会社が合っていないんじゃあないだろうか」という気持ちで転職を考えるのは、時期尚早です。
とりあえず三年、今の会社であなたの力を研ぎ澄ましてください。
そうすることで、あなたが本当に転職を考えていたのかどうかがわかってくるかと思いますし、実際に転職する際、その時に受ける会社もあなたのことを好意的に見るでしょう。

 

 

あなたの人生がかかっているのですから、焦らずじっくり、考えてください。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報