語学力を付けておくと転職時に有利に

 景気の上昇に伴い、求人数が増えていくことが見込まれます。これからは新卒採用だけではなく、即戦力となる経験者を採用するために、転職という形での採用も拡大していくはずです。

 

 しかし、転職は簡単ではありません。同じように多くの候補者がいる中で、必要とされる人材にならなくてはなりません。即戦力となれること、付加価値があることを書類や面接でアピールしていく必要があります。会社や業種によって、必要な能力は様々です。しかし、どのような業種や会社であっても必要とされる能力があります。それが語学力です。

 

 現代日本の経済は、国内のみの商売ではなく、海外へ向けて拡大していく流れになっています。また、日本を訪れる外国人なども増えています。近い将来オリンピックも開かれることになりましたから、国際化がより進んでいくことになります。そうしたときに外国の顧客とも交渉できるために必要となるのが語学力なのです。これは営業分野だけではなく、製造現場にも言えることです、外国人労働者の増加により、社内でも外国語が必要となる場面が増えていくからです。

 

【おすすめサイトのご紹介】
40歳以上の求人について
40歳以上の求人の探し方を知りたい方はこちらから!

 

職業能力開発の支援|高齢・障害・求職者雇用支援機構

 

 このように、どのようなところに転職するのであっても語学力は必須です。英語はもちろん、もう一つ外国語を習得しておくとより大きなアピールポイントとなることでしょう。しかし、問題は外国語の習得には時間がかかることです。働きながらだとより大変になりますから、転職の必要性が生まれる前から勉強を始めるとよいでしょう。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報