転職はキャリアに囚われないことも大切。

 転職を考える際に多くの人が自分のキャリアを見つめ直すものです。「キャリアの棚卸し」という言葉がありますが、この作業は転職を考える際に極めて重要な作業だといえます。キャリアの棚卸しを行う上で大切なのはキャリアを見つめ直すだけではありません。

 

 例えば以前に取得した資格や知識、技術などをまとめていくことも重要な作業なのです。現在は資格を有する人の需要が高まり、そして多岐に渡り必要とされている場合もあります。例えば薬剤師の資格を持っているが、これまで経験がないという場合があったとします。現在は国の規制緩和によって従来の薬局などのみならず、コンビニやスーパーマーケット、家電量販店などでも医薬品を販売するようになりました。

 

 それによって、医薬品の販売は登録販売者が行うことが増えています。この規制緩和が実施されて以降、医薬品の資格や知識をもつ人の需要が高まっています。以前に資格は取得したけどキャリアがないという人でも、資格を活かせる範囲は以前より広がっている場合も多くあるのです。

 

 現在は看護師や社会福祉士などの資格を有する人を積極的に採用する企業も多くあります。経験の有無に関わらず、必要とされる場合があるのです。

 

【お役立ちサイト】
中卒の就職情報|今から始める就活法
厳しい中卒の就職を突破しよう!

 

安全衛生情報センター

 

 このように、自分のキャリアにだけ囚われるのではなく、自分が以前取得した資格などを活かしていくことも検討すべきだと思います。キャリアの棚卸しとは、自分の経験したキャリアだけではないといえます。転職を考える上で大切なことは、自分にできること、できないこと、したいと思っていることなどを明確にしていくことなのです。


トップページ 資格情報 就職・転職最新情報